【カランダッシュ】万年筆の基本的な仕組みについて

万年筆を使う身としては、基本的なことは知っていて損ではないです!むしろ知ってほしいです!

なので、今回は万年筆の仕組みや各部位の名称について紹介してします。

ぜひこの記事を読んで万年筆の基礎を押さえちゃって下さい!

 

万年筆の各部位の名称

万年筆は本体からペン先は各部位にそれぞれ名称がついており、役割があります。
【カランダッシュ】万年筆のインクの入れ方について” の項で紹介した「両用式」の万年筆を代表に紹介します。

<本体部分名称>

・クリップ
胸ポケットに差す部分。飾りの意味合いや、転がり防止に役立ちます。

・キャップ
ペン先の保護とインクの乾燥を防ぎ、書く際のバランスを保つ役割もあります。

・天冠
胸ポケットから見える部分で、カランダッシュのブランドを象徴するロゴが記載されています。

・胴軸
インクの貯蔵部であり、持ちやすい形状・太さになっています。

・首軸
手に馴染みやすい構造になっています。

・コンバーター
インクを吸い上げる吸引器。両用式の場合はカートリッジも装着することができます。

 

<ペン先名称>

ペン先は、「万年筆の頭脳」とも呼ばれるほど、最も重要な部分であり、素材は金(Au)を採用したものが代表的です。これはインクの酸におかされず、適度な弾力性と書き味があるからです。現在ではステンレス製のものもあります。
ペン先の各部位にも、それぞれ特徴や重要な役割があるので紹介します。

・櫛溝(くしみぞ)
余分なインクを一時的に蓄え、供給量を調整しインクが零れ落ちるのを防止します。

・穴
ペン先の中央部に空いているハート型もしくは丸い穴。ペン先の弾力を決める重要な部分です。

・スリット(切割り)
インクの量を決める隙間。筆圧によって微妙に変わる構造になっています。

・ペンポイント
ペンの先端についている金属。耐摩耗性の高い合金を使っています。

 

まとめ

万年筆の各部位の名称と役割についてご紹介してきました。

万年筆1つだけでも、たくさんの部位があり、それぞれに役割があることを知れたと思います。

この記事を読んで少しでも万年筆について学んでいただけたら幸いです。
まだ万年筆を持っていないという人!ぜひこの際に購入してみるのはいかがでしょうか!^^

良かったらぜひ当ショップも一度ご覧ください!
http://carandache-select.com/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。