【カランダッシュ】万年筆のインクの入れ方について

万年筆を購入したけど、インクの入れ方がわからないという方もいらっしゃると思います。

私も初めて新品の万年筆を購入したときは分からず、色々調べたのを覚えています。

今回は、万年筆デビューの初心者の方のためにも!インクの入れ方について紹介していきます!

 

 

インクの充填方式について

まずインクの充填方法には3種類の方法があります。

<吸引式>

万年筆本体にインクタンクとインクを吸い上げるピストン機構が備わっています。ボトルインクよりインクを吸い上げ、ペン内部にインクを貯め使用します。インク容量は3種類の充填方式の中では、比較的大量に吸引できるのも特徴です。その分手間と吸引に時間はかかりますが、古くから使用されている方法ということもあり、万年筆の魅力が満喫できると思います。

 

<カートリッジ式>

プラスティックの筒型の使い捨てインクタンクを装着して使用する方式です。本体の小さいモデルに多い方式で、使用が簡単で携帯用に向いています。

 

<コンバーター式(両用式)>

取り外し可能な「コンバーター」と呼ばれるインク吸引器を装着し、吸引式のように直接ペン先をボトルインクにつけて吸い上げて使用します。
また、近年ではコンバーター式のものは、コンバーターの代わりにカートリッジも使用することができる両用式となっています。
現在の万年筆の大半は両用式となっています。

 

 

インクの充填方法について

 

上記で説明した充填方式のインクの入れ方を説明します。

<吸引式 / コンバーター式>
コンバーターの場合は本体にきっちりと差し込みます。

吸引式・コンバーターとも、つまみを左に回してピストンを下まで下げ、ペン先をインクタンクに浸します。

この際、ペン先が便の底につかないように注意して下さい。

 

つまみを右にゆっくり回してインクを吸い上げます。この際1回で入らない場合は、インクに浸したままつまみを2,3回上下させてください。

吸引が終わったら、ペン先と首軸の部分をティッシュや柔らかい布でよくふき取ります。また、インクの充填や交換を行う場合は、下に新聞紙などを下に引くことをオススメします。

 

<カートリッジ方式>

万年筆の同軸を外し、ペン先を上に向けインクカートリッジを差し込みます。この時、差し込みが少し硬く大変ですが、インクカートリッジは回さずに真っすぐに差し込みましょう。

インクが先端に浸透するあで数分おいてから試し書きしてみましょう。

インクが出てこない場合は、カートリッジの中央部を軽く押し、ペン先にインクを送り出してみましょう。

 

まとめ

万年筆を選ぶ際は、インクの充填方式もポイントになってきます。

初めての方には、カートリッジ・コンバーター式のどちらも使える両用式をオススメします。初めのうちは簡単に使えるカートリッジ式、慣れてきたらコンバーターを使ってみるなど、切り替えも簡単にできるので大変便利です。

通の人には吸引式も渋くていいと思います!

コスト面や携帯性など、それぞれ長所と短所がありますので、自分にあった方式を選びましょう!

以上、インクの充填方法の説明になります。
詳細や基本的なことは付属の説明書にも記載されていますが、もし分からないことや質問などがあればお気軽にご連絡下さい!

当ショップでもインク、コンバーターの販売も行っているのでぜひご覧ください!
http://carandache-select.com/

 

【参照サイト】

http://www.ippitsukan.com/knowledge/#sozai

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。